徳島 いのたに 中肉ラーメン卵のせ

徳島に出張。が、朝の用事がなくなって午後のアポまで時間ができたのでランチを探す。

徳島といえば阿波踊りとラーメン。

関西にも「ラーメン東大」という一見徳島ラーメンの店とは思えぬ名前の店があるが、やはり本場の徳島ラーメンを食べておきたい。

ということで定番の「いのたに」に訪問。

駅からは10分くらい歩く所にあるので、徒歩の人よりも車の人が多い。それを見越してか駐車場が広い。さすがである。

店は朝10時半から開店しているが、さすがにその時間はお腹が減ってないので11時過ぎに到着するように移動。ガラガラだろうと思ったら、すでに10人くらいは客がいた。油断した。おお、みんなラーメン好きなんだな。

カウンターのみの座席配置に券売機で食券を買って座る。

メニューはラーメンのみ。麺の大小、肉増し、メンマ、生卵、白ご飯を選んで注文できる。

今回は中肉、生卵、白ご飯を注文。

食券を出すと「ご飯に沢庵を乗せて良いか」という珍しい質問を受ける。徳島の人は沢庵苦手なんだろうか、と思いつつ、乗せてくれるようにお願い。

カウンターで5分も待ってないと思うのだが、どんどん人が入ってくる。気がつけばカウンター席がほぼ満席に近くなる状態。

そして到着する徳島ラーメン。

うっすら脂が浮いているスープはしつこくなく、かといってサッパリしているわけではない。コクがしっかりある。

そこに細めの麺がしっかり絡み、味の染みた豚肉の脂がスープに溶け込んでいく。

豚肉は単品で噛むと少し硬い感じがするのだが、ご飯に乗せて一緒に食べるとなんか絶妙の歯ごたえというかバランスを生むのであるから驚きである。

これは白米が合うラーメンである。ラーメンはおかず。これは強調しておきたい。

それを証拠に?ではないが周りのお客さんでも生卵入り、白ご飯を頼んでいたのが多かった。なるほど徳島ラーメンはそういう食べ物なのだ。

気がつくと、あっという間に完食。

ラーメンを食べていくと、どんぶりに「いのたに」の文字が見えてくる。どんぶりも店の特注であるこだわりっぷり。

かつて残念な事件が起こってしまったが、それはそれとて美味しいラーメンでした。

ご馳走さまでした。

タイトルとURLをコピーしました