読書「学歴フィルター」福島直樹

就職活動、最近では就活と略すようですが、採用過程で学歴によって受けられない、学歴によって選別されることを「学歴フィルター」と呼んでいます。

ネットである企業の説明会を予約しようとしたら、自分が通ってる大学だと満席なのに、東大にしてみたら空席だった。

という事例なんかもあるようです。

学歴フィルターが存在するかどうかと言われると、間違いなく存在します。むしろ、存在しないと思っている方が不思議。

「学歴不問」の看板を掲げているのに学歴フィルターを設置している企業はさすがに如何なものかと思いますが、そんなことを掲げていない企業が何を選考基準にしても民間企業なので元来自由なはずです。

民間企業は、最近ではCSRなどが叫ばれていますが、基本的には利益を追求する組織です。

その組織が最も効率的に稼げる人を採用する基準として学歴を目安にして、なぜ文句を言われなければならないのでしょうか。

もちろん、高学歴な人だから仕事ができるとは限りません。こればかりは仕事をしてみないと分からないでしょう。

しかし、一方で、高学歴の人で非常に高いパフォーマンスを発揮する人もいます。企業としての確率論や比率で見ると、高学歴の人の方が、仕事ができる確率が高い、ということなのでしょう。

だから積極的に高学歴の人を採用し、採用の時間を短縮して効率化するために、まず最初に学歴フィルターをかけているのです。

正直、採用面接をする側からしても、相当な準備と時間を掛けているので採用コストはバカになりません。その採用コストを抑え、リターンとなる優秀な学生を採用するためには学歴フィルターが有用だという判断なのです。

勉強だけで仕事のできは決まらない、というのは一つの側面ではありますが、ならば勉強以外の面でアピールできる能力を身に付けて就活に挑めばよいと思います。

特にコンピューターや技能職においては、技術を持っていることは学歴を大きく超えることになるでしょうから。

大学受験のときにも勉強しなかった、学生時代も遊んでいた。でも、超有名ホワイト企業で働きたい。そんな甘い夢は残念ながら存在しない、ということを本を読んで気付くと良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました