読書:コンビニ人間(村田沙耶香)

2016年に芥川賞を受賞したコンビニ人間を今更ながらに読みました。

ちょっと変な女の子として育った主人公が大学時代に始めたコンビニのアルバイト。大学を卒業してもそのままアルバイトを続け、気が付けば36歳にして独身コンビニアルバイト。

コンビニのために自分がある、と生活のすべての基準をコンビニに捧げ、まさに「コンビニによって新しい自分が生まれた」と感じている主人公。

コンビニが存在していて、自分がそこで働くことでやっと居場所というか、自分が見つかったというか、なんとなく社会に適合できているかのような気になっている。実際、コンビニバイトを辞めたら昼夜逆転どころか明らかに生活が破綻してしまう。

なんだろう、このすごいディストピア感。

長時間労働だ、社畜だなんだと言われて働き方改革だと騒がれている昨今、むしろコンビニで働くことによってのみアイデンティティを確立できているなんて、資本家から見た労働者の鏡と呼ばずになんと言おうか。

元コンビニバイトの冴えないフリーター男とよく分からない理由から同居を始めて周囲の反応が変わったことから、自分がいかに変なコンビニロボットとして周りから認知されていて、関わり合いにならない方がよいと思われていた事実を認識するところがなんとも切ない。

異質なものを少しずつ除外し、余計なお節介で「こちら側」に来れるように何度も助言される姿は何とも日本的。特に友人とバーベキューした時に連れてきた旦那の一人が主人公を追い込むシーンは不快感がありながら、確かにそういうことを言う人を容易に想像できる感じだった。

なぜ他人の人生にそこまで口を出したがるのか。自分の人生がうまく行ってないからなのか、単に異質なものを排除したり更生させたくなるものなのか。そもそも、なんでそんなに他人に係わってるほどヒマなのか…

私たちは知らないうちに異質なものを排除して、知らず知らずのうちに外見や内面が合う人とのみ協調するようにできているのでしょう。

でも、そもそも普通ってなんだろうか。

自分と違うからといって排除するのではなく、なるべく多様な人を認め合える世の中になって欲しいと理想論はあるのだけれど、やっぱりこの主人公のようなコンビニ人間が身近にいたら、きっと笑っちゃう。

でも、無理矢理自分は普通なんだと押し込めて他人に強要するよりも、自分がここにいることが一番しっくり来る、そんな働き方や人生を見つけられる方がよっぽど幸せなのではないだろうか。

そんなことをモヤッと思う一冊でした。

 

[amazon_link asins=’4163906185′ template=’CopyOf-ProductCarousel’ store=’madou40-22′ marketplace=’JP’ link_id=’b93b75d9-3d11-11e8-90fa-29ee212bac09′]