読書 「もっと早く教えてくれよ」叫ぶお金の増やし方(山崎俊輔)

お金をどうやって増やすのか。人生100年とか老後に3000万どころか1億必要などと言われていますが、そんなお金どこにあるのよ、と叫びたくなる気持ちでいっぱいです。

お金は大事だけどお金のためだけに生きている訳じゃない。でもお金は増やしたい。そんな人に向けて書かれた一冊。そんな都合のいいことなんてあるのか、と思うものの、言っていることはとってもシンプル。

まとめると、あまりにも基本すぎる3つのポイント。

・稼ぐ
・節約する
・増やす

やはり、お金のことを考えると、誰がどうやってもここに行き着くみたいですね。

スポンサーリンク

稼ぐ

世の中には簡単にお金を増やす投機的なものを紹介している本もあるが、それは、そのような投機をしてもらうことで得する人たちがいるからである。とアッサリ喝破します。本当に儲かるのであれば本を書かずに投資したほうがいい。本を書くのも理由があるのです。

少し前ではFX、最近では仮想通貨あたりが該当しそうであるが、いずれも儲かるのはFX業社や仮想通貨取引所、そしてアフィリエイトで中間マージンをもらう人や本を書く人。

つまり、大多数の庶民が手を出してはいけない世界が投機の世界であり、普通に考えて勝てると思うことが不思議である。

では、どうすればお金を増やせるのか。

お金を貯めるには、

貯蓄=収入ー支出

というすべての基本を理解することにある。

貯蓄を増やすには、収入を増やすか支出を減らすしかない

小学生にも分かる簡単な計算なのに、理屈ではわかっても実行できる人は少ない。

収入を増やす

支出を減らすのは限界が見えやすいので、まずは可能な限り収入を増やす作戦に出るのが最初に実施すべき戦術

収入を増やす、となると副業するという話がすぐに出てきて「副業解禁」とか刺激的な言葉に目が行きがちだが、本命はまず正社員になること、正社員として出世して収入を上げることだと説く。

これは極めてまっとうな戦術で、正社員は健康保険や厚生年金の面で自営業やフリーターの人に比べると圧倒的に優位な立場にある。

その立場を一度でも得られたら、その地位を手放すのは愚策。会社の中で評価されるよう、期末の自己評価などがある会社ならきっちりとアピールして上司から評価されようとすること。

なぜなら給与が上がると年金納付額も上がり、自分の給付金も上がるからである。単に月給が増えるのみでなく、将来的な収入も増えるのだから一石二鳥と呼べる。

変に副業を勧める本より納得できる内容である。

ただ、最近は人を使い潰すブラック企業もあるので、どこまで会社を信用して働くのかはケースバイケースで判断するしかない。

支出を減らす

収入が増えても支出が一緒に増えていたら引き算したら同じである。貯蓄を増やすには支出も同時に減らすしかない。

支出を減らすには、まず現状把握ということで、さまざまな家計簿アプリが紹介されている。

なんとなくお金が減っている人は、自分がどんな状況にあるのか把握することから始めるしかない。

そこからは意志の力が重要になってくる。

支出を減らして貯蓄ができるようになった時、どこまで喜びを感じられるか、その達成感によって次も頑張れると思うのである。

しかし、家計簿アプリを使おうが何を使おうが記録するのは本当に面倒である。

特に家庭をもっていると、正確な支出は家族全員の協力が必要となる。

自分を把握することは大切だが、家計簿をつけること自体を目的化しないよう注意が必要である。

増やす

銀行の普通預金や定期預金は歴史的な低金利状態にあるので、置いといても増えることは期待できない。

そこで、やはり投資の話が出てくる。

投機ではなく投資。デイトレードなどの短期保有ではなく、中長期に保有してリターンを狙う。

個別株でリターンを求めるのは、株の調査自体に時間がかかるし、ポートフォリオバランスが悪いので、バランス型投資信託が第一候補。

GPIFのポートフォリオを参考にして、国内株式、海外株式、国内債券、海外債券でポートフォリオを組むのがいいが、面倒ならバランス型投信で。

ドルコスト平均法が使えて利益自体が非課税になるNISAや つみたてNISA を活用することで受益を最大限増やすようにすることも大切。

まとめ

書かれていることは極めて王道。これ以上の王道は存在しないのではないかと思うくらい王道。

あまりにも基本すぎるので、わざわざ本にする内容か?と思う人もいそうだが、実際に実行できていない人がほとんどなのであろう。目から鱗という人は少ないかもしれないが、やはり王道はこういうものだよね、と改めて認識するには十分かと。

投資については、自分でさまざまな投資商品を組み合わせたり、個別銘柄を選定する自信がある人はやってみるもよし。

しかし、普通に仕事をしていると株式投資のために個別銘柄をチェックする時間はそんなに多くない。

そこで、バランス投信を中心としたインデックス投信が最も効率的な時間の使い方なのである。