甲山森林公園でノコギリクワガタをゲット

雑記

今日も息子と19時過ぎに甲山森林公園でカブトムシ探しにお出掛け。

グルっといつものコースを一周していると、コナラにノコギリクワガタのオスを発見。

網の中にダイレクトに入れようとするも失敗して地面に落ちてしまったけど、飛び立ってしまう前に手掴みに成功。

初めてのノコギリクワガタゲットに父も息子も大興奮である。

 

家に戻ってサイズを測定すると約60mm。

写真では真っ黒に見えるが、羽の部分は少し薄茶色掛かっていて美しい。

アゴも大きくてエサのゼリーをあげるときには威嚇してくるほど気性が荒い。

大人しいオオクワガタ系ばかり飼育していたので、この気性の荒さも楽しい限り。

 

せっかくなのでメスのノコギリクワガタも捕まえたいところだが、果たしてうまくいくか。

そもそもメスのクワガタの種類を正確に判別できる自信がないので、ショップでメスだけ購入した方が良いのかもしれない。

 

今年は甲山森林公園に3回出かけて3回ともカブトムシかクワガタを捕まえることができた。

むやみに探すよりも昼間にアタリを付けて、夜にポイントをしっかり探すことが大切なのだと実感。

ただ、同じようなことを考えている親子も多く、最近はタッチの差で逃すことも増えて来た。

新スポットを開拓したいところである。