亞呉屋 山形駅 のこってりアゴ出汁ラーメン

ラーメン

山形駅駅前通りをまっすぐ歩いて7-8分、アパホテルの隣にある小さいラーメン屋さん亞呉屋さんを訪問しました。

アゴとはトビウオのこと。九州方面ではアゴで出汁を取った味噌汁やお雑煮を食べる文化があるのだとか。

お店で使うアゴはすべて山形県産にこだわっているとのこと。山形県でもアゴを使うのだと知りました。普段はなかなか接することのないアゴ出汁、そのラーメンがあるというので期待して訪問したのである。

 

店内には券売機があり、ラーメンかつけ麺か、麺の量(並、中、大)、煮卵やチャーシューなどのトッピングを選べます。

事前に見ていた写真で、一面に広がる肉が魅力的だったのでラーメン並盛チャーシュートッピングを選択。スープを「あっさり」と「こってり」から選べるので「こってり」ポチっと。

店内はカウンター席とテーブル席。厨房近くにはアゴや他の魚の煮干しが並んでいます。これらの魚介系の出汁を取っているのでしょう。魚介系好きとしては胸が高まります。

目の前で10円募金してゆで卵を食べて待っているとラーメンが到着。

スープを覆う肉、細切りのメンマ、青海苔がトッピングが乗っていて、透き通っていながらも表面に浮いている脂がこってり感を引き出している予感。

スープを一口飲むと、魚介系の出汁がグッと押し出されて来ます。表面の脂も一緒に飲むと、さらにその押し出しが強くなる感じがする。美味い。

麺は平打ちの中太麺。コシが強くもっちり感のある麺は、スープに負けることなく、がっちり絡んできます。

一方、肉は脂身が少なく厚みがあり、噛むとじゅわっと肉汁が滲み出てくる。

脂身が少ない肉なので、スープがこってりしているけどバランスが取れている感じがする。

最初に丼が来たときには小さかったかな、中盛がよかったかなと思ったのだが、麺が丼の中にギッシリ詰まっていたのと、チャーシューの量が多かったので食べ終わったら満腹になりました。

終わってしばらくしても口の中にアゴ出汁の味が残っているほど、濃厚でこってりしたスープでした。

魚介系ラーメンとしては好きなお店です。また山形に来たら寄りたいです。

 

亞呉屋 山形駅前店ラーメン / 山形駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5