大学付属校という選択 早慶MARCH関関同立(おおたとしまさ)は受験の前に読んでおくといい一冊

中学受験
Wokandapix / Pixabay

学歴社会の最終到達点が大学に入ることであるならば、大学受験だけでなく付属校から大学に入るという選択肢もある。

では、具体的に大学付属校というのはどのような学校なのか。

公的に発表されている資料や卒業生からのヒアリングによって取りまとめられた一冊です。

本書に登場する付属高校出身者としては、かなり正確に書かれているな、と感心しました。

 

スポンサーリンク

大学付属校とはどのような学校なのか

大学付属校とは、大学と出資関係などで何らかの関係があり、優先的に大学に進学可能な制度を持っている高校。

そう考えて間違いないでしょう。

ただし、国立大学の付属高校(筑波大学附属駒場高校、大阪教育大学付属池田高校など)は名前こそ同じですが、高校から大学への進学には影響がないので、私立大学に限定されます。

内部での進学率の差

高校から大学に推薦入学が決まっていたとしても、その枠は大学と高校の繋がりによって違います。

たとえば、慶應大学の付属高校は基本的に大学が設立した学校であり、原則として100%慶應大学に進学可能です。

一方、早稲田大学の付属高校は、100%進学できるのは大学直系の早稲田大学高等学院(通称:早大学院)と早稲田大学本庄高等学院(通所:早大本庄)だけであり、高校野球で有名な早稲田実業の推薦枠は100%ではありません。

このように、同じ大学付属高校であっても内部推薦枠は学校の仕組みによって違います。

また、あえて内部進学をせずに他大学を受験するケースもありますが、そのときに「内部推薦を事前に破棄しなければならない」といった枠組みを採用している学校もあります。

つまり、単に大学付属高校といっても制度がまったく違うため、付属高校でひとまとめに考えては間違います。その辺り、本書ではかなり緻密に調査していると言えるでしょう。

 

大学付属高校に進学するメリット

本書でも触れられていますが、大学付属高校に行くメリットはいくつかあります。

受験を気にせずのびのび様々な勉強ができる

大学受験が不要なので、高校三年間はかなり面白い授業を受けることができます。

大学から非常勤の講師が授業をしたり、その道の研究では世界一線級の先生方も多くおられます。

高校生で倫理、経営学、中国語など大学に入ってから勉強するような授業も高校で学べます。英会話の授業はネイティブ講師による英語オンリーの授業だったりと、通常の受験科目にはない科目を勉強できます。

 

大学の校風を高校から感じられる

付属高校なので基本的に大学の校風が大きく影響を受けます。

校歌や応援歌が大学と同じものを使っていたり、大学のゼミ生とディスカッションしたり、高高を卒業した先輩が遊びに来たり、と高校にいながら大学の校風や雰囲気を味わうのです。

これは他の学校の付属出身者も言っていたので、良くも悪くもそういうものなのでしょう。

「どこでもいいから付属校」という選びかたをすると、後々後悔することになります。

本書では、なかなかきれいに校風がまとめられています。

 

大学付属校へ進学するデメリット

では、デメリットはどのようなものでしょうか。

受験に対するサポートがほとんどない

基本は大学に進学するための人材を育てているので、東京大学や京都大学などの国立大学を受験するためのサポート体制もノウハウもほとんどありません。

最近では、一部の付属高校には進学クラスがあるようですが、昔から伝統的な進学校と比べるとサポートや情報量が弱いことは否定できません。

また、付属高校に入学することは、最難関国公立大学を受験することを入学時点で諦めるに等しいです。ひょっとしたら東京大学や京都大学にも行けたかもしれない、けれど自分は挑戦していない、という事実が残ります。

 

遊んでしまう可能性が高い

ある程度普通にやっていれば大学に入学できるのが大学付属校なのに、気が緩んで遊んでしまう人がいる。

先生から特に注意されることもなく、成績が悪ければ単に留年するだけである。

あるいは大学進学時に希望の学部に入れないだけなので、先生方からのフォローはほとんどない。

そのような環境に置かれても、ちゃんと勉強できる、自分を律せる心がないとドロップアウトしてしまうのです。

特に高校時代から大学生の空気を知ってしまっているので、大学に進学したときに同級生が幼稚に見えてしまう、という問題もあるのです。実際、私がそうでした。

 

学費が高い

公立中高、私立中高に比べても付属校の学費は高いことが多いです。

ただし、内部の推薦率が高い学校であれば予備校に行くこともないので、学費以外の出費はほとんどないと考えられます。

大学進学への切符を少し割高な学費で買っている、そう考えて割り切れるかどうかがポイントになるでしょう。

 

まとめ

大学付属校という選択肢、個人的には賛成である。

「視野が狭い人間に育つ」などということは絶対にない。本書でも著者が言っているが、行ったこともない人間が想像だけで話している内容など耳を傾ける必要はないだろう。

公立中学校から私立の大学付属高校に入ったが、人種のるつぼだったのは大学付属高校であり、今では色々な人生を送っているが会って楽しいのは大学付属高校の友人たちなのです。

すべての人に大学付属校がおすすめできるか、というと決してそうではないかもしれない。また、学校によって校風はかなり違うので、合う合わないは重要な要素でしょう。

付属校に行きながら他大学の受験を考える、という付属校をキープしながら受験するのはおすすめできません。せっかく付属校に行くのだから、その魅力と恩恵をしっかり受け、のびのびと育って欲しいところです。

本書はその辺りの学校選びの参考にぴったりの一冊だと言えるでしょう。

なお、関西学院大学の付属校を共学にしたことを「大きなミステイク。ボーッとしていた」などと笑いながら語るオリックスの宮内さんは信用できない。やはりオリックスとは仕事でも付き合いたくないと思った。

 

コメント