雑記

スポンサーリンク
NO IMAGE 読書(小説)

読書「カレーなる逆襲」乾ルカ

北海道にある「道大」と「樽大」の学園祭におけるカレー対決に向かう樽大野球部メンバー達のカレーなる戦いの記録と物語。 不祥事を起こした結果、活動休止中の樽大野球部に依頼されたのは、道大文化祭でのカレー対決への出店。 目的も背景も分...
NO IMAGE 雑記

【ラーメン】煮干丸 極(JR大宮駅)

埼玉県は大宮駅。西口ソニックシティに向かう途中のビルの2階にその店はある。 ややもすると見落としがちな場所で、階段も一人分の幅しかなくてすれ違えないほど。 2階に上がると店の外に券売機。上列には煮干ラーメンが並んでいるの...
雑記

東京国立博物館 特別展 縄文は遮光器土偶とかが見れて面白かったのでおすすめ

国立科学博物館の特別展「昆虫」を見た後、近くの国立博物館の特別展「縄文」へ。 夏休みの時期にこんな楽しい展示を近くです開催するなんて、東京の人は羨ましい。 特別展は平成館で開催されていますが、本館から繋がっているので暑い...
雑記

国立科学博物館 2018特別展 昆虫は標本たくさんで面白かった

東京上野にある国立科学博物館で開催中の特別展、昆虫特集を観に行ってきました。 毎年、夏休み時期に開催される特別展はちびっ子のみならず大人が観ても楽しいです。 昆虫活動略して今回は昆活 Eテレで不定期に放送中の「昆虫すごいぜ...
雑記

ドイツ人の働き方と余暇の過ごし方から学ぶ他人への寛容さ

ドイツのデュッセルドルフに仕事で2週間ほど滞在してました。ドイツも例年にない猛暑とのことでしたが、日本よりは涼しく過ごしやすい気候でした。 ドイツ滞在中、ドイツ人の働き方と仕事後の家庭との時間、余暇への考え方を色んな人から聞いて思った...
ラーメン

ラーメン 支那麺はしご 銀座

銀座で飲んでホテルに戻るまでのほんの5分、そこにラーメン屋が見えると我慢ができない。それも東京に住んでいたときによく食べてた店だと知ると、さらに我慢ができない。 その名は「支那麺はしご」 担々麺ならぬ「だんだん麺」が名物の店である。...
NO IMAGE 雑記

BMWの中古車はなぜ安いのか。マーケティング視点で考えてみる

相変わらずのBP難民っぷりを発揮していますが、今回は視野にドイツ車御三家とレクサスといいう高級車市場を視野に入れてみたいと思います。 ドイツ車御三家とは ドイツ車御三家といえば、メルセデスベンツ、BMW、アウディです。国産で対抗できるの...
NO IMAGE 雑記

映画感想「アベンジャーズ インフィニティウォー」にわかファンに厳しい設定

息子のリクエストでアベンジャーズ インフィニティウォーを西宮ガーデンズTOHOシネマズで観賞。 アベンジャーズシリーズ最新作、今までの映画ストーリーの続きということでワクワクしていたのだけれど、見終わったらガッカリ感というか不燃焼...
雑記

息子を中学アメフト部に入れようと思ったが日大のプレイを見て辞めることを決意した話

中学と言えば勉強は当然のことながら部活動にも精を出すお年頃。学校でも9割以上がなんらかの部活に入っているとのことで、息子も部活探しを始めていた。 小学校低学年のときにやっていたテニス、高学年のときにやっていた野球が候補に上がっていたが...
NO IMAGE 雑記

第54回島津全日本室内テニス選手権大会2018観戦記

京都府立体育館で開催されている、島津全日本室内テニス選手権を観戦。 午前中に仕事を終えて、午後から向かってもたっぷり見ることができるのが嬉しいこの大会。なんだかんだで毎年のように見にきてる気がする… この大会が面白いのは全日本と名前が付...
雑記

芦屋市内の六神社を巡る「芦屋睦の宮詣で」スタンプラリーで特別御守をもらってきました

芦屋市神社総代会が主催する「平成30年新春 芦屋睦の宮詣で〜六つのお宮で仲睦まじく〜」に行ってきました。 これは、芦屋市内にある6つの神社を巡るスタンプラリーで、すべて巡るとオリジナル御守が無料でもらえます。 2年前にもやったのです...
雑記

2017年の反省とか2018年の目標とか

2018年になったので、年末に考えたこととか2018年の目標を整理してみました。 2017年の反省 まずは2017年の反省からです。 インプットとアウトプットのバランスが悪かった これは2017年だけの問題ではなくずっと認識...
雑記

日本ワインと国産ワインの違い

あるニュースで「日本ワインの評価が上がっているが、国産ワインとは別物である」ことを知った。へえ、何が違うんだろうと調べてみた。 日本ワインとは まずは日本ワインの定義から。 「日本ワイン」とは、日本国内で栽培されたぶど...
雑記

読書 孤高の人 新田次郎

hontoの電子書籍版で「孤高の人」を購入。文庫版でも上下巻にまたがって分厚い本は電子書籍でさっと読むのに向いていると思う。 孤高の人 あらすじ 昭和初期に実在した加藤文太郎氏をモデルにした登山小説。登山を始めるきっかけ...
雑記

中国の免税店で出会った自分の襟を正そうと思った話

中国出張での仕事も無事に終わり、浦東国際空港のある免税店で買物中に出会った話。 女性向けアクセサリーを中心に販売しているショップに行くと、アジア系の男性が英語で店員とやり取りしていた。 大声で叫ぶように綺麗ではない発音で...