ラーメン潤 岩ノリラーメン 蒲田 は背脂と岩ノリのインパクトとこってり味がやみつき

ramen-jun-iwanori ラーメン
ramen-jun-iwanori
スポンサーリンク

ラーメン潤 蒲田 の場所と外観

蒲田で少し早めのランチ。午後から京急線沿いでのお仕事前にラーメンを。

食べログやRettyで評価の高い ラーメン潤 を訪問。場所はJR蒲田と京急蒲田の中間ややJR寄り。

ramen-jun-shop

らーめん潤

 

細長いカウンターのみ20席ほどの店内は、11時過ぎに訪れると5人位の先客。

ラーメン屋には珍しく朝10時からの営業なんだとか。

 

スポンサーリンク

ラーメン潤の岩ノリラーメン

券売機で一番人気という岩ノリラーメン920円を購入して注文。

背脂の量を小油から鬼脂までの5段階から選べるけど、初めてなので標準を注文。

極太麺のため茹で時間がかかる、と注意書きがあったけど、おそらく5分ほどでラーメンが到着。

ramen-jun-iwanori

岩ノリラーメン ラーメン潤

 

もう、これはインパクト勝ち。

丼の表面を覆ってそそり立つ岩ノリたち。麺や具どころかスープすらほとんど見えない。そして強烈な磯の香り。まるで海沿いの道に立っているかのよう。

この岩ノリたち、パリパリの状態で食べるべきか、スープに浸して食べるべきか。

とりあえずパリパリ状態で一口…うん、これは失敗。

ということで、少しずつスープに浸しつつ、スープと具を岩ノリの下から救出?して食べることに。

 

岩ノリに隠れて見えなかったが、煮干し系背脂ちゃっちゃなラーメンだったことを思い出す。

濃厚な魚介スープに背脂、そこに少しずつ絡む岩ノリがアクセントになり、海の香りのラーメンが完成している。

最初は乾燥している岩ノリの量に圧倒されたけど、スープに浸すと食べやすくなる。魚介系と岩ノリは当たり前だけど相性が良く、背脂の濃さを感じることなく完食。

 

美味しゅうございました。

 

周りのお客さんの中では、玉ねぎ多め、背脂を大油など好みのオーダーをしていた。

今日の感じだと、背脂を中油、玉ねぎ多めで注文してみたい、と思った。

ごちそうさまでした。

 

スポンサーリンク

らーめん潤 の店舗情報

 

関連ランキング:ラーメン | 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅

 

 

コメント