中華そば琳久 特製醤油ラーメン 浜松町 は懐かしい味がするさっぱり醤油

ramen-rinku-hamamatsutyo ラーメン
ramen-rinku-hamamatsutyo

羽田空港から大阪空港まで飛行機で移動する前に、お腹が減ったのでランチを。ということでモノレール乗換駅の浜松町駅で降りてラーメン屋を探すことに。

 

スポンサーリンク

琳久の場所と外観

浜松町駅から徒歩5分ほど、メインストーリーからちょっと入ったところにある小ぢんまりしたお店。ただ、出口は線路沿い田町駅寄りの出口からじゃないと遠回りになってしまうので注意が必要かと。実際、帰りは遠回りしてしまった…

決して場所は難しくないのですが、大通り沿いではなく住宅街っぽいところを進むので少し不安に。

ramen-rinku-shop

中華そば 琳久 外観

 

スポンサーリンク

琳久の特製醤油ラーメンの見た目

間口から予想がつく通り、店内はカウンター10席程度。店主と女将さんの二人で切り盛りされています。

昼休みが終わりかけの午後1時前、ほば満席だったが運良く席が空き待ち時間なしで座れることに。

店内の券売機で特製中華そば980円を購入。ランチタイムは麺大盛りが無料になるので、忘れずに券売機で「ランチ大盛り」を選択。そして待つこと10分ほどで到着。

rinku-tokusei-shoyu-ramen-dai

琳久 特製醤油ラーメン 大盛り

特製醤油ラーメンは、ノーマルよりもチャーシュー、味玉、メンマが増えて具だくさん。他にはナルト、海苔。

そして特長的なのが三つ葉。ラーメンに乗っているのを見たのは初めてかも知れない。

麺を大盛りにしたので、スープが少なく見える。

 

スポンサーリンク

琳久の特製醤油ラーメンの味と感想

スープは豚のげんこつ、鶏がらをベースに、昆布、かつおぶし、にぼし、数種の野菜で仕上げたとのこと。

一口飲むと、サッパリしているのコクがある。しつこさをまったく感じない、優しくて、どこか懐かしい味

麺は黄色みがかった細めの縮れ麺。昼の大盛り無料サービスを使って失敗したかな、と思ったのがここ。ちょっと麺が汁を吸ってしまったのか、丼の中で麺の割合が多くなってスープが少なく感じた。

チャーシューは脂身が少なく、箸で掴もうとするとホロっと崩れてしまう柔らかさまで着込まれていて、味がしっかり。

三つ葉のふわっとした香りとシャキっとしたアクセントに。

しっかり作り込まれたラーメン、ご馳走さまでした。

今度は塩ラーメンを頼んでみたい。

 

関連ランキング:ラーメン | 浜松町駅大門駅芝公園駅

コメント