ラーメン大喜 とやマルシェ店 富山県の超濃厚ブラックラーメン

ラーメン

富山といえば寿司。ではなく富山ブラックラーメンである。

出張のランチで寿司を食べようと画策していたのだが、時間の都合と寿司屋が並んでいたのでラーメンに変更。

富山に北陸新幹線が開通して、改札を出てすぐのところにお土産とともに数点の飲食店があり、その中に富山ブラックラーメンの総本家ともいえる大喜が入っているのです。

テーブル数席とカウンターと合計30席ほどの店舗はランチタイムになると平日なのにひっきりなしに人が来ます。

メニューは中華そばの小、中、大の3種類のみ。トッピングは生卵。ライスとおにぎりも追加できるので、ここはラーメン小とライスを注文。

待つこと5分、醤油の香りをまき散らしながら丼が到着です。

 

西町大喜 ブラックラーメン

西町大喜 ブラックラーメン

 

スープが真っ黒。まさにブラックラーメンの面目躍如である。

お店からの食べ方説明書には「肉、麺、スープをよく混ぜてから食べてください」とあるが、まずはスープを一口。

しょっぱくて濃い。

たとえるなら、東京の並木橋藪の出汁を熱くして煮込んだような味付けである。

スープをこのまま飲み続けると塩分濃度でヤバいことになりそうな気がしてきたので混ぜる。ひたすら麺と具を混ぜる。

数分後、麺を一口食べてみると、最初のスープだけを食べたときよりもしょっぱさが薄まっているような気がした。

濃いスープに負けない中太ストレート麺にゴロっとした肉。

スープを先に飲むとどうしても口の中が塩辛くなってしまうが、麺と肉と一緒に食べると味がマッチしている。

しかし、やや塩辛い。

ここで頼んでいた小ライスの投入である。

麺とスープを食べたらライスを食べる。炭水化物カーニバルになってしまうが、そもそも肉体労働者向けに作られたしょっぱいスープなのであるから、やはりここは昔の風景と同じライスを頼むことにしているのである。

富山ブラックラーメンのインパクトと味に負けることなく、ご飯で中和しながら是非とも本家の味で確かめてもらいたい。

単に塩辛さだけでなく、濃厚なスープの味付けには麺や肉も主役であることを忘れずに。

やはり、富山駅近くという立地条件が最高なので、また立ち寄ってみたいと思いました。

西町大喜 とやマルシェ店ラーメン / 富山駅富山駅電鉄富山駅・エスタ前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

タイトルとURLをコピーしました