テレビ版「下剋上受験」雑感〜偏差値を上げるということの難しさが描かれていない

gekokuzyou-zyuken 中学受験
gekokuzyou-zyuken

中卒の両親が自宅で勉強を教えて最難関中学に合格したという書籍を実写化した「下剋上受験」を一通り見た。

gekokuzyou-zyuken

参考:下剋上受験 公式サイトより

金曜ドラマ『下剋上受験』|TBSテレビ
TBS 2017年1月金曜ドラマ「下剋上受験」の公式サイトです。阿部サダヲ、深田恭子、山田美紅羽、風間俊介ら出演。

 

スポンサーリンク

あらすじ

中卒の両親に育てられた一人娘。

勉強なんかより毎日を面白おかしく過ごして楽しい友達がいればいい、という家庭方針から一転、人生を変えるには勉強して高学歴になるしかない、と最難関を目指すことに。

進学塾に入らず、父親(阿部サダヲ)が自分自身も勉強しながら娘に自宅で教えることを決心し、最難関中学への勉強を始める。

中途半端はよくない、と父親は会社を辞め、替わりに専業主婦だった母親(深田恭子)が父親が努めていた不動産会社で働き始めたり、祖父が金の工面に自殺しようとしたり、数々の苦難を乗り越えて受験当日に挑む。

そして、第一志望の最難関中学は落ちたものの、次のレベルの中学には晴れて合格する。というストーリー。

 

スポンサーリンク

勉強ものではなくただの家族の絆系の話

偏差値は気合で上げる

中学受験で最も大変な科目である算数。

序盤はつるかめ算、旅人算、流水算など中学受験で必要なテクニックの話などが入っていて、中学受験を考えている親にとっても「あるある」と同意できる部分が多かった。

自分なりには頑張っているつもりなのに上がらない偏差値。迫ってくる受験日。

勉強した結果は3ヶ月後くらいに初めて現れてくる、という現実の厳しさや気持ちの焦り、投げ出して逃げてしまいたくなる衝動。

この辺りは受験経験者ならウンウンと頷けるところ。ここからどう頑張るのよ、と思っていたら、

偏差値40から突然60に上昇、そして70近くまで到達。

…って、そのボリュームゾーンを突破して上位に入るところが一番大変なのに、その説明がまったくない。

「家族みんなで頑張ったら偏差値あがった」

という睡眠時間を削ってまで一生懸命勉強するという、努力と根性の精神論だけ。

そんなんで偏差値あがったら誰も苦労しないよ、という声がテレビの前で上がったことだろう。実際、我が家はそうだった。

 

家族の絆がどうこうよりも勉強の話を

おまけに、途中で金がなくなっただの、仕事がどうだの、祖父が自殺者する、だのドタバタ家族コメディに仕上げてしまった。

なんか、家族がボロボロになって睡眠時間削ってまでやらないと、中学受験は受からないんですよ。ほら、こんなに大変なんですよ。と煽りたかったのか。

原作は未読だけど、最近の過熱気味の中学受験をテーマにした面白い題材だったのに、なんだか残念な内容だった。

普段あまりテレビドラマは見ないのだけど、中学受験がテーマで実話ベースだというので見たのだが、正直時間の無駄だった。

 

ドラマを見る人は中学受験しない人?

テレビ局としては、普段からドラマを見ている層に向けて作ったら、こうなってしまったのかな。

本来は高学歴の人が多いので、中学・高校・大学受験の大変さは身を持って知っているはずなのに、面白おかしい家族コメディに仕上がってしまったのが残念。

でも、単に中学受験を批判する内容ではなく、受験そのものを前向きに捉えている部分は、以前と風潮が変わったと感じた。

かつては、高学歴の人間は冷たい、だの、勉強しかできない人間はダメ、だの画一的な人間ばかり集まって多様性がない、だと否定的な主張が多かった気がする。

勉強することは決して否定されることではない、そういう風潮になればいいな、と思う。

あ、このドラマ最大の見所は、深キョンこと深田恭子の美人といい妻っぷり。

さて、原作はどんな感じなんだろうか。中学受験を考えている身としては読んでおこうかな。

 

その他の受験物ドラマ

中学受験ではないけれど、受験物のドラマとしては「受験のシンデレラ」や「ドラゴン桜」の方が面白くて実践的な部分も紹介されているのでおすすめ。

受験のシンデレラ | NHK プレミアムドラマ
http://www.nhk.or.jp/pd/juken/

東大出身で受験に関してはカリスマ的な和田秀樹さん原作の小説が小泉孝太郎主演でドラマ化。

若干、ファミリードラマぽい部分もあるけれど、和田先生らしく受験テクニックが散りばめられている。

 

 

ドラゴン桜|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]
http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d1359/

学校再生を請け負った弁護士の策は「東大合格者を出して人気校にすること。」

絵柄は好き嫌いがあるが、様々な面白勉強法が紹介されて人気となった原作漫画がドラマ化。その勉強法エッセンスはドラマにも入っている。

 

 

 

コメント