河北名物肉そば処立花 天童 の冷たい肉そば は夏でも冬でも食べたくなる一品

立花 冷たい肉そば ラーメン以外のグルメ
立花 冷たい肉そば

二日続けてランチは山形名物の冷たい肉そば。前日の冷たい肉そばはこちら

仕事をした天童近くに美味しい店がある、とのことで連れて行ってもらったのです。

車で辿り着いたのは「河北名物 肉そば処 立花」

肉そばを前面にアピールしているところが楽しみです。

 

肉そば処 立花外観

肉そば処 立花外観

 

まだ正午前なのに駐車場はほぼ満車で店内もほぼ満席。相席でなんとか並ばずに着席できて、ノータイムで冷たい肉そば大盛を注文。

メニューには、ざる蕎麦や温かい汁蕎麦もあるけれど全員が冷たい肉そばを注文。駅からも遠く車での来店が基本の立地に平日ランチタイムz客はほとんど地元の人かサラリーマンという状況なので、山形県人の冷たい肉そばへの執着がハンパないことを思い知る。

などと思いながら待っていると、すぐに冷たい肉そばが到着。

立花 冷たい肉そば

立花 冷たい肉そば

昨日の店よりもスープの見た目が濃い。一口飲んでみると濃いというよりも甘い。そして、うっすらと脂が浮いているのが分かる。

この脂が甘めのスープに溶け込んで、こってりさ、まろやかさを出しているのでしょう。

麺もどっしり太めで硬い田舎蕎麦。甘い出汁に負けないコシの強さ、しっかり噛むと蕎麦本来の味が。

そして、麺の上に乗っている肉(鶏)。出てきたすぐに食べたときは、あまり味を感じなかったのが、しばらく出汁に浸してから食べると柔らかく味わい深い肉に変身しているではありませんか。

なるほど、これは美味しい

この冷たい肉そばなら毎日食べられる。

なお、山形生まれ山形在住の人に聞いたところ、夏も冬も冷たい肉そばを食べるそうで。違いは「夏の方が出汁が冷えていて、冬は少し冷たい」とスープの温度に若干の違いがあるのだとか。なるほど、ぜひ冬場に冷たい肉そばを食べてみたいものである。

ごちそうさまでした。

 

河北名物肉そば処 立花そば(蕎麦) / 漆山駅

昼総合点★★★★ 4.0

タイトルとURLをコピーしました