WordPressサイトで過去の作業履歴を確認する方法

WordPressサイトで色々と作業していると、過去に自分が何をやったか覚えてないことがある。というより全部を覚えることなんて無理。

しかも、たいてい思い出したいのは直前のことではなく少し前のことで、すべてをノートに記録でもしていないと難しい。

AdSense設定が消えてしまったときは、本当に何が起こったのか分からなかったけど、履歴をチェックすることで原因を特定することができて助かった。

そのときの話はこちら。

WordpressのCocoonテーマのAdsense設定がいつの間にか消えていたので再設定
Adsenseの売上を見たら昨日あたりから急激に売上金額が下がっているので、色々確認した結果、cocoonの設定が消えていた話。 突然AdSenseの売上が激減する 毎日の楽しみ、AdSenseの売上確認を行ってみると、全体的に下がって...

結論としてはWordPressでもCocoonテーマの問題でもなく、単に自分のオペミス。

人間、自分がやったことにはミスがないと思いこむ性質があるのか、そんなミスをしているわけがないと思い込んでいるので発見が遅れることになる。

なので、まずは自分の作業履歴を正確に追いかけるほうがいい。

WordPressには作業履歴を確認する方法がある。

正確にはWordPressアカウントを取得し、Jetpackプラグインをインストールする必要がある。

その状態でWordPress.comにログインして自分のサイトを表示する。

左ツリーの「アクティビティ」をクリックすると、自分の作業履歴を確認できる。

wordpress-activity-view

wordpress-activity-view

確認できるのは、記事の公開、記事の下書き、プラグインの更新、テーマの更新など様々なアクション。

この履歴確認は非常にありがたいのだが、無料プランだと過去20活動分までしか見えない。

有料プランにすると過去30日分まで見えるらしいのだが…有料プランには他のメリットもあるのだが、商業ベースじゃないサイトにそこまでお金を掛けるのかと問われると疑問。

とりえず、20回分の作業を確認できるだけでもありがたい。

なにか失敗したり変だと思ったときは、ここを確認するようにすればリカバリーを早くできそうである。

タイトルとURLをコピーしました