WordPress更新中に「現在メンテナンス中のため、しばらくご利用いただけません」が表示されたときの対処法

アフィリエイト
typographyimages / Pixabay

WordPressで作業中に突然「現在メンテナンスのため、しばらくご利用いただけません」メッセージが表示されたときの対処法を紹介します。

スポンサーリンク

更新中に応答不能になる

WordPressで管理画面からバージョンアップやプラグインを更新中にネットワーク障害などが発生すると、更新画面から応答不能になることがあります。

わたしの場合、プラグイン更新ボタンを押した後、10分経っても完了メッセージが表示されませんでした。

ダッシュボードに移動しても、サイトのトップページに移動しても表示されるのは

「現在メンテナンスのため、しばらくご利用いただけません」

という切ないメッセージのみ。

ダッシュボードには「サイトを削除しますか?」の悲しいメッセージも表示されていて、行くことも戻ることもできない状態。

バックアップから戻すしかないのか?と諦める前にやってみることがあります。

FTPでWordpressサイトに接続する

そもそも今、Wordpressサイトがどのようになっているのか、FTPでWordPressサイトに接続して確認します。

WindowsであればFFFTP、MacであればFileZilla辺りのフリーソフトが機能面でもサポート面でもおすすめです。

あるいは各レンタルサーバーのWeb上の管理画面から見れる場合は、そちらでもいいでしょう。

Xserverの場合、インフォパネルにログイン後に「ファイルマネージャ」にログインすればWebFTP機能を利用できます。

 

.maintenanceファイルを削除する

FTPやWebFTPで接続してWordPressインストールフォルダであるPublic_htmlにアクセスします。

 

すると、メンテナンス状態になっているサイトには「.maintenance」ファイルが生成されていることが分かります。正常に動いているサイトにはこのファイルは存在しません。

 

どうやらWordPressアップデートやプラグイン更新などでメンテナンスモードに入った際にこの.maintenanceファイルが生成され、更新完了後にこのファイルが削除されるはずなのが、ネットワークなどの障害発生時に削除されない状態で残されてしまうみたいです。

あとはこの.maintenanceファイルを削除すれば完了です。

サイトのトップページやダッシュボードにアクセス可能になってるはずです。

アップデートの前にバックアップを取ることが大切

今回はこの.maintenanceファイルを削除することで復旧できましたが、メッセージが出たときにはかなり焦りました。

本当に一から全部構築し直すことになるのだろうか、バックアップからのリストアはどこまでできるだろうか、など最悪のパターンが頭をよぎりました。

アップデート実施前にはバックアップを取って、もし更新に失敗しても、直前まで戻れるようにしておくことが大切だと改めて実感しました。