【プロスピA】巧打の達人~無課金純正向け攻略【イベント】

プロスピAのイベント「巧打の達人」は3日間などの短期間で実施されるイベント。

無課金純正プレーヤーとして累積報酬を獲得可能か計算して実証したメモ。

結論としては自然回復のみで累積報酬を獲得可能だった。

スポンサーリンク

イベントルールと対応方針

巧打の達人イベントは、初球(Bランク)、上級(Aランク)、超級(Sランク)の投手を相手にバッティングを行い、打撃結果によってポイントを獲得し、累積報酬を目指す。

相手投手は「ストレート」や「スラーブ」などの決まった球種を投げてくるので、こちらはバッターとして打ち返せばいいだけである。

なんと単純なルールなのだろうか。これは楽勝だと思いきや、Sランク選手の変化球のエグイこと。

シングル、二塁打、ホームランなどの結果によって獲得ポイントが変わる。もちろん長打の方が稼げるので、アーチストやパワーヒッターなど長打力のある選手を選ぶのがいい。

また、打席で強振の場合はボーナスで100ptプラスになるので、可能な限り強振で挑むのがよい。

リアルタイム対戦やってる人向け

さて、このイベント、先に述べたように強打だと100ptプラスされる。シングルヒットが200ptなのに強振で100ptプラスされて合計300ptになるのは大きい。

これが4打席の合計ポイントなのだから、最大400pt、シングルヒット2本分の差が出るのだから強振を使わない手はない。

つまり、普段からリアルタイム対戦などで強振に慣れている人が有利な気がする。

ゾーン打ち中心の私としては、そこで差が付けられてしまうのは残念だが、コナミがリアルタイム対戦を推しているのだと理解してグッと抑えることに。

凡打の達人

というわけで、普段のVロードやイベントでもゾーン打ち中心でリアルタイム対戦をやらない私にとっては苦痛のイベントである。

【凡打の達人】と言っても差し支えないどころか、私そのものを示しているような言葉です。

結果は残念ながらも、各有力投手の変化球を間近で見ることができたのは、経験として生かせる気がする。が、そもそもSランク選手のナックルカーブとか曲がりすぎである。あれは打てん…

対応策と結果

このイベントは、あまり緻密に獲得ポイントを計算するのではなく、もう地道にやっていくしかない。計算したところで打てなければポイントは獲得できず、ストレスが溜まるだけである。

とは言っても可能な限り自然回復のみで進めたいので、まずは方針を立ててみた。

  • なるべく強振する。
  • 2ストライクまでは厳しいコースを見送る。
  • ストレート、カットボールなど変化量が少ない投手で稼ぐ。

ホームランを狙える選手としては、柳田選手、グラシアル選手が有力なのでストレートはこの二人に頑張ってもらう。

変化球は変化量を見定めるとともに、厳しいコースは追い込まれたら早めにスイングしてファウルで粘るようにもしてみる。変化量多い投手はゾーン打ちに切り替える。

という感じで淡々と進めていけば、無事に累積報酬のS30%契約書を獲得できた。

あまり難しく考えすぎずに気楽に打っていくといいような気がする。

タイトルとURLをコピーしました