【読書】のっけから失礼します(三浦しおん)

好きな女性作家のひとり、三浦しおんさんのエッセイ集。なにやら女性誌に連載しているものをまとめたようなのだが、アラフォーのオッサンがそんな女性誌を読むわけでもなく、すべて書き下ろしのように楽しく読みました。

5年分のエッセイを集めたと書いてあるのですが、わかるのは5年経ってるのに全然変わらないなこの人、ということである。

そりゃ人間だもの、5年も生きていれば色々と考え方なんかが変わりそうなものですが、どうにもブレがない。ブレがなく面白い。こよなく演劇を愛するオタク趣味で酒が好きで出不精な人であることがよーく分かるのです。

定期的に体型が横に成長しているだの、体脂肪率が野球の首位打者クラスだの、と自虐的に書いているのですが、どうにも普段本を読むときに作者の姿を気にしない性質なので、そう書かれても分からない。でも、分からないと笑っていいのか分からない。ということで検索ポチっとな。うん、なるほど。分かった。

実物にお会いしたことがないので、どこかでサイン会でもあったら行ってみたいものです。そして、おそらく唯一の共通点である「ぎっくり腰」について少しだけ話してみたい。が、このエッセイ集の表現を見る限り、ぎっくり腰でも優しいタイプのものだったのでしょう。寝返りすら打てず、芋虫のように這いながらトイレに向かう苦しさはまだ知らないようなので、ぜひとも味わってもらいたい。

「風が強く吹いている」のようなスポーツものから、「神去なあなあ日常」や「舟を編む」のような仕事ものまで。本当に幅広い小説が多く、少年というか男の子の心情描写が可愛らしくて新作が出るたびに楽しみに読んでいる作家さん。

そんな作家の日常を垣間見ることができるので、こういうエッセイ集も楽しいものである。

そうそう、冒頭で「のっけから」が通じない、というようなことを書いていたが、え?そうなの?と思ってしまった。そりゃ「最初から」って意味でしょ、と普通に本を手に取った時から分かっていたのだが、どうやらこれは一部地方の方言のようである。あれ?わたしは一体何人なのだろうか…

のっけから失礼します | 三浦 しをん |本 | 通販 | Amazon
Amazonで三浦 しをんののっけから失礼します。アマゾンならポイント還元本が多数。三浦 しをん作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またのっけから失礼しますもアマゾン配送商品なら通常配送無料。
タイトルとURLをコピーしました