ラーメン:「和dining清乃 堂山店(大阪)」の和歌山贅沢ラーメン

大阪駅や梅田駅から徒歩5分くらい、ポートピア梅田の近くにある和歌山ラーメンのお店。大通りから一本内側に入った角にある木造のお店。本店は和歌山にあるとのことで、梅田は支店的な扱いの模様。

店の前に椅子が置いてあり並び方も書いてることから、ピーク時には行列のできる人気店なのだろう。さすがに平日11時過ぎだと客足もまばらで、職権を購入してすぐに着席。

メニューは6種類と言いながら、1, 3, 4, 5は同じスープとのことなので実質3種類と考えてよさそう。ここは3番の和歌山贅沢ラーメンを注文。初めての店はシンプルなラーメンを注文すべきかと考えつつも具沢山メニューを頼んでしまう。太る…

カウンターで待つこと5分くらいでラーメンが到着。カウンター内ではキビキビと働く店員さんたちの動きが心地よい。

まずは丼を取り囲む圧倒的なチャーシューの枚数と、真ん中に鎮座している煮卵でスープも麺もほとんど認識できない状態。スープを飲むためにもチャーシューをどかす必要がある。

和歌山ラーメンと聞いていたので、井出商店(和歌山)、のりや(東京・大井町)をイメージしていたが、予想を上回るスープの醤油っぽい濃い色である。

チャーシューをどかして飲んだスープは豚骨醤油ベースでありながら、豚骨よりも醤油が前面に押し出され、豚骨の雰囲気はなく濃口醤油ラーメンの味付け。なのだが、舌の上を通って喉を通過するときには獣っぽさが少し追いかけてくる。でも、しつこさはない。

たっぷりのチャーシューをスープに浸しながら触感と味付けを楽しみ、細めのストレート麺をスープに絡めて食べる。最初は濃いと感じたスープも具と一緒に食べていくと、決して濃さが消えたわけではないのに、しつこさがなくスルスルと食べられてしまう。

気が付けばスープも飲んで完食。とても美味しかった。ごちそうさまでした。

タイトルとURLをコピーしました