【プロスピA】無課金で純正チームを作ろうと思った背景~無課金純正で覇王へ

プロスピAを無課金で純正チームを作り、リーグランク覇王を目指す道を記録しています。

基本的には自分の好きなチームを作ればいいのですが、より強くするならコンボの関係で12球団か純正を選ぶことになります(セ・リーグ染め、パ・リーグ染めなどもあります)。

ここはかなり大きな分かれ道ですが、私が純正チームで行くと決めた背景と理由です。

スポンサーリンク

無課金という縛りプレイの道

プロスピAは基本無料でプレイできるスマホゲームです。

好きなプロ野球選手を集めたチームを作り育てて試合する。現役選手以外にOBなども出てくるオッサンホイホイのゲームです。

無料ですが課金するほど選手ガチャを回したり、育成しやすくなるので、早く強くなれます。リーグトップクラスのプレーヤーは相当課金していることでしょう。

そこであえて無課金でどこまで行けるのか。リーグ戦の最高峰である覇王まで辿りつけるのか挑戦してみようと思いました。我ながら天邪鬼な理由です。

お金がない、という悲しい事実は忘れて縛りプレイに挑戦します。

12球団で始めてみた

プロスピAでチームを作るときには、単に好きな選手だけ集めてもいいのですが、ある程度強くなろうとすると、どんなメンバーでチームを構成するかが大切。

大切なのはスピリッツ

それは、プロスピAが基本は【スピリッツ】という値で決まるため。

選手個人のスピリッツを集めたチームスピリッツ、集めた選手の組み合わせで決まるコンボスピリッツ、この2つの合計スピリッツが重要です。

色々なコンボスピリッツがあるのですが、12球団の選手で構成、同一チームで構成などの構成によるチームコンボがベースにあり値も大きいです。

12球団なら3ヶ月でオールS

オールスターチームを作るなら12球団が楽。12球団だと3か月程度で全員Sランクで揃い、リーグランクは6と7を行ったり来たり。

が、ここから上がらない。もう選手はオールSなのでチームスピリッツを上げるには限界突破して「極」を作るしかない。もちろん特殊能力もガンガンやっていくしかない。

限界突破できない

限界突破するには、同じ選手のSランクかAランクレベルMaxが必要。しかし、同じ選手がガチャで出ないミキサーも出ない。つまり全然限界突破できないのです。

コンボによるスピリッツも簡単には上がらないので、ちょっと行き詰った感じになりました。

また、育てていた選手がいても、もっと好きな選手が手に入れると、レギュラーを入れ替えて育てなおしたりします。すると、また総スピリッツが伸びない…

また、12球団コンボをキープすることが縛りになります。各球団は一人はオーダーに必要なので「阪神枠」や「ロッテ枠」のように各チーム好きかどうかに関わらず一人は入れなきゃならない、というオールスターに見せかけてストレスが貯まるのです。

無課金12球団の限界か

課金してガチャを回せば限界突破用の選手を入手できるのでしょうが、無課金だと厳しい。ここから先は課金者の宴なのでしょうか。無課金はここまでなのか

無課金で限界突破を簡単にやるには、同一チームだけで集めた方が効率的なのではないか。自チームミキサーという制度を活用すれば、同名選手を簡単に集められるのではないか。

これが12球団を途中でやめて、純正チームで作り直そうと決めた理由です。

純正チームへの切り替え

確保している選手をそのまま使ってもよかったのですが、再インストールして一から純正チームを作ることに。

純正チームのメリット

純正チームのメリットを考えてみると、

  • 選手を限界突破して極を作りやすい
  • 「極〇〇チーム魂」などの強烈コンボを出しやすい
  • 特訓や特殊能力などを投入する選手を絞れる

など全体的に育成が容易であることが分かります。

純正チームのデメリット

一方でデメリットもあります。

  • 12球団オールスターチームに比べるとパラメータが劣る
  • 現役でSランクを揃えるのは厳しく、OB・TSでの補強が必須である
  • 最新シリーズで揃えるのは難しく、スピリッツで劣る旧シリーズも使わざるを得ない
  • すごく優秀な他チーム選手を手に入れても手放さなければならない

正解のない世界で、ゲームなんだから好きにやれば良いのですが、無課金という縛りプレイの中、自分の好きなチームの選手を集めて強くなりたいという縛りゲームテーマに従うことにしました。

ソフトバンクホークス純正へ

チームはソフトバンクホークスを選びました。

日本シリーズで優勝している強豪チームです。純正チームでも12球団と同等のパラメータを揃えるのであれば強豪チームを使うのが効率的でしょう。

が、ソフトバンクホークスを選んだのは、それよりも、南海ホークスのファンだったことの方が大きいのです。幼少期、南海難波駅前にあった大阪球場に何度も足を運び、ガラガラのスタンドで寝転んだり走り回って観戦したプロ野球が南海ホークスなのです。

すでに野村克也氏も引退し、黄金期はすっかり過ぎ去った南海ホークスでしたが、門田選手や香川選手のサインをもらって家に飾っていたことを思い出します。南海ホークスの選手がTS/OBで出たら、ぜひとも獲得したいです。

タイトルとURLをコピーしました