西岡研介

読書(社会その他)

読書「トラジャ(西岡研介)JR「革マル」30年の呪縛、労組の終焉 」労働組合とは何のために存在するのか

現代からは信じられないが、これは事実でありノンフィクションなのだ。 「革マル」こと革命的マルクス主義同盟に傾倒した労働組合員が会社を中から破壊していく。 国鉄という自ら望んで公務員になったはずなのに、常に世の中は支配階級と労働...
タイトルとURLをコピーしました